English words
英語ひとくちメモ/流行り言葉
English Words 英語ひとくちメモ
2019年07月06日

Mocktail(モクテル?)

いえ、スペルを間違ったわけではありません。



なんでも、mocktail(モクテル)というのが流行っているそうな。



なんだか飲み物の cocktail(カクテル)に似ていますが、そうなんです。カクテルの一種で、mock cocktail という新しい言葉を略したもの。

つまり、カクテルに似せた(mock)飲み物ということで、アルコールがまったく入っていない(nonalcoholic)、見た目はカクテル(cocktail)のドリンクのことです。(Photo by Andrés Salazar Photography, from AAA’s Via magazine)



そう、mock(発音は「モック」)は、動詞や形容詞になる言葉ですが、形容詞として使うと「〜に似せた」という意味。

たとえば、mock test といえば「模擬テスト」のことですし、mock trial といえば「模擬法廷」となり、生徒たちが裁判を真似て自分たちの論理を展開し、法廷の仕組みを若いうちから学ぶ場のこと。学校対抗のコンテストまであるそうですよ。



それで、mock cocktail というと、「本物に似せたカクテル」。

略して mocktail

材料は、果実をしぼったフレッシュジュースがベースとなっていて、そこにハーブやスパイス、シロップなどを加えて、さまざまな味のアクセントをつけます。ちょっと凍らせて、ひんやりとフローズン(frozen)で楽しむ種類もあるとか。

ドライバーや妊娠中の女性、アルコール飲料は口にしない方々が、みなさんと和気あいあいと楽しめるようにと誕生した飲み物で、ここ2、3年、バーやレストランで大流行しています。見た目がカクテルのようにオシャレなので、自分だけがその場で浮いてしまうことがありません。



なんでも、近年は、若者を中心にアルコール飲料を遠ざけようという動きも広まっているそうで、そんな動きとともに生まれた飲み物のようです。

だって、いちいち「なんでアルコールを飲まないの?」と聞かれるのも面倒ではありませんか。見た目はカクテルのようなドリンクを飲んでいたら、みなさんもまったく気にしないでしょう。



バーやレストランだけではなく、ビールを自家醸造しているブルーワリー(brewery、醸造所)でも、ご自慢のクラフトビールに加えて mocktail をお出しするところもあるそうですよ。

醸造タンクを前にフレッシュなビールや美味しいおつまみがあると、自然と会話も進みますが、こういった場所でも誰でも参加できるようにと、ノンアルコールの mocktail をお出しするのです。



それから、ワイナリーなどでも「ワインテイスティング(wine tasting)」の代わりに、mocktail を出してくれるところもあるそうですよ。こちらは、子供が一緒の家族連れでも楽しめるようにと配慮されているようですが、僕だって立派にテイスティング! と、お子様もちょっと背伸びした気分になれるでしょうか。(Photo by Aubrie Legault, from AAA’s Via magazine)



先日「若い世代は、ワインを飲まなくなったのよ」と友人から聞いたことがあって、「もしかするとウイスキーとかジンとか、強いお酒を飲むの?」と聞いてみると、違うのよと返答がありました。お酒自体をあまり飲まなくなったのよ、と。

そういえば、カリフォルニア州はワインの名産地でもありますが、昨年はワインの輸出高が減ったとも聞いています。中国などの巨大消費国で国内産ワインが増えたせいなのかもしれませんが、もしかすると、世界全域でアルコール消費量が減っているのでしょうか?



いずれにしても、mocktail は「いつも頭をスッキリとしておきたい」方々の間で流行していて、この分野に特化したブランドや企業への投資家も次々と登場しているようです。




というわけで、最後にちょっと「ひとくちメモ」をどうぞ。



カクテル(モクテル)といえば、みんなが集まるお祝いごとのイメージですね。

この季節のアメリカのお祝いといえば、独立記念日(Independence Day)が有名です。何曜日でも「7月4日」と日付が決まっている祝日となります。



この日は、午前中は近所のパレードを見学して、午後はみんなでバーベキューをして、夜は自治体が主催する花火大会を見る、というのが定番でしょうか。



我が家のまわりでは、パレードはない代わりに、独立記念日前夜にコミュニティー主催の花火大会があります。毎年だんだんと花火の数は増え、見物客も増えていくような気がするのですが、カリフォルニアは、ほとんどの自治体で自宅での花火を禁じているので(火事が怖いですから)、花火大会はどこも人気なのです。



そんな独立記念日。

4th of July と呼ばれるので、独立記念日が近づくと、こんなあいさつをします。

Happy 4th of July!



けれども、ちょっと長いので、こんな風に省略することもあります。

Happy 4th!



こちらの写真は、お店のドアに貼られていた紙。「July 4th は営業しません(We will be closed)」と書かれていますが、右下に小さく Happy 4th! と付け加えてあるでしょう。



上でご紹介した mocktail しかり、こちらの Happy 4th しかり。アメリカでは、長い言い回しは省略することが多いのです。




English Words Search

© 2005-2019 Jun Natsuki . All Rights Reserved.