Essay エッセイ
2012年04月15日

ベターハーフ(Better Half)

一年ほど前に、「ダンナ様の教育 パート2」と題して、家事の得意な連れ合いのお話をいたしました。

術後、固形食が食べられるようになると、真っ先にご飯を炊いて、病室に駆けつけてくれましたし、退院後も料理に掃除に洗濯と、スーパーマンのように活躍してくれて、とってもありがたかったというお話でした。

そして、今日も、なにやら朝からソワソワしているなと思ったら、家じゅうの掃除をしようと、わたしが朝食を終えるのを待っていたのでした。

いつも自分が使うキッチンを中心に、念入りに掃除をしたかったようでして、キッチンに行ってみると、普段テーブルに4つある椅子が、ひとつしかありません。

なるほど、よっぽど掃除にとりかかりたかったに違いありません。

いよいよ、わたしの食事が済むと、がっしりと重いイギリス製の掃除機をかけたと思ったら、今度は、でっかいアメリカ製の機械で、床をピッカピカに磨いていたのでした。


こういう風に書くと、わたし自身は料理も掃除もできない人だと思われそうですが、そんなことはないんですよ。

ちゃんと料理もするし、ピッカピカのものをピッカピカに磨くのも大好きです。

けれども、たしかに、重い掃除機をかけるのは「好き」と言えばウソになるでしょうか。だって、あんなに重い機械は、女性には向かないんですよ。

ずしりと重い掃除機を毛足の長いカーペットでころがすほど、重く感じることはないと思ってしまいますもの。

ですから、こちらが何も言わないうちに、連れ合いがやってくれるみたいです。

まあ、一度くらいは、こう言ったことがあったのかもしれません。「あの掃除機は、重過ぎて大嫌い」と。

でも、それを何度も連呼することなく、わたしのメッセージを受けとめてくれたのでしょう。

そう、こちらが「やってよ!」と無理強いすることもなく、進んでやってくれているのです。

さらに、連れ合いの奇特(きとく)なところは、その手間のかかる掃除を楽しんでいることでしょうか。単に、掃除をすることが嬉しいらしいのです。

なるほど、世の中には珍しい人がいたもんだと、いつも驚かされるのですが、まあ、人って、わからないものですよね。

自分が面倒くさいとか、イヤなことでも、人にとっては楽しいこともあるらしいのですよ。


それで、以前も書きましたが、やっぱり「無理強いしない」とか、やってもらえるように「うまく仕向ける」というのが、キーポイントではないかと思うのですよ。

それは、もしかすると、配偶者だけではなくて、子供にも当てはまることなのかもしれませんね。

だって、人は「やれ!」と言われれば、イヤな気がするものですから。

「なんとなく大変そうだな」と思ったり、「自分にも何かできないかな」と考えたりすると、自分の方から「手伝おうか?」と言ってくるものなのかもしれません。

と、言いましても、我が家の場合は、わたしが「うまく仕向けた」わけではなくて、最初から、連れ合いが家事は得意だったというケースなんだと思います。


ところで、英語では、配偶者のことを、こう表現することがあるんです。

Better half(ベターハーフ)。

ハーフというのは、「自分の半分」という意味ですが、ベターを付けたことによって、「自分の中でも良い方の半分」といった意味合いになるでしょうか。

まあ、人が使う言葉ですから、良い意味にも、悪い意味にも解釈することはできます。

たとえば、文字通り「わたしの良きパートナー」という意味で使ったり、「うちの(口うるさい)ベターハーフに聞いてみないとわからないよ」と、ちょっと皮肉っぽく使ったりすることもあるでしょう。

けれども、もともとは、「自分という一個の存在の中で、良い方の半分」という風に、相手に敬意を表して使われ始めた言葉だと思うのです。「相手がいないと、自分は完結しない」というような意味も含まれているのでしょう。

相手に対する尊敬の念と、「自分はまだまだだなぁ」とへりくだった部分と、その両方がいりまじった言葉なのではないでしょうか。


それから、こういう表現もありますね。

Significant other(シグニフィカントアザー)。

こちらもベターハーフに似た言葉ですが、「重大な(シグニフィカント)」「もうひとり(アザー)」。つまり、「自分の大事な人」。

自分と同じように、そして、ときに自分よりも大事な人。

こちらの言葉も、配偶者や、パートナーに対して使われます。

こういった英語の表現を思い起こすと、やはり、「人生のパートナーは、自分という存在の大事な一部分なんだ」と、再確認するのです。

いえ、なんだか変なことを言うようですが、緑豊かな、新しい生命の季節を迎えると、なんとなく神妙な気分になってしまうのですよ。

人って、人と人の結びつきって、どんなものだろうかって。

ま、それにしても、なんにしても、お掃除を楽しげにやってくれる連れ合いには、感謝しなければなりませんよね!


© 2005-2021 Jun Natsuki . All Rights Reserved.