English words
英語ひとくちメモ/流行り言葉
English Words 英語ひとくちメモ
2016年01月23日

Whitespace(ホワイトスペース)

 まあ、世の中には、次から次へと新しい言葉が生まれるものですねぇ。

 

 本日のお題 whitespace も、新しい言葉でしょうか。

 

 意味は、「自分のための時間」。

 

 つまり、仕事をするとか、家事をするとか、なんとなくテレビを観るとかじゃなくて、自分のためだけに空けておく「至福の時間」とでも言いましょうか。

 

ヨガや座禅が好きな方なら、頭を空っぽにする時間でしょうし、パッチワークとか編み物が好きな方なら、あぁでもない、こぉでもない、と作品に没頭する時間。

 

 また、ある人にとっては、青空を眺めてボ~ッとする時間。

 

 とにかく、日常のゴタゴタを忘れて、ほっとする合間が whitespace と呼ばれるとか。

 

 普通、white space と言えば、なんとなく想像はつきますよね。

 

 キャンヴァスに、わざと絵の具を塗らない、白っぽい部分を残してある、みたいな感じ。

 

 「余白」とでも言うのでしょうか。何らかの理由で空けてあるスペースのことです。

 

 それが、whitespace とひとつの単語になると、微妙に意味が変わって「自分のための至福の時」となるようです。

 

 たぶん、whitespace をつなげることで、本来は色の名前だった white が「白」の意味を失い、「空けてある」という含蓄を持つようになったのだと思います。

 

 以前から、white noise(ホワイトノイズ)という言葉があって、「背景の騒音を消すために使われるノイズ」という意味でしたが、white には、何かを「消す」「白塗りにする(white out)」という意味合いがあるのでしょう。

 

 ですから、whitespace は、さしずめ「雑念を消す間合い」といったところでしょうか。

 


それで、どこでそんな言葉に出会ったかと言うと、「新年を幸せに過ごす6つの簡単なアイディア」という記事でした。

 

 以下に、箇条書きにいたしましょうか。

 

  1. Make sleep a priority(寝ることを最優先に)
  2. Make more time for family(家族のためにもっと時間を空けよう)
  3. Carve out whitespace(自分のための時間を捻出しよう)
  4. Achieve work-life balance(仕事とプライベートをバンランスよく)
  5. Fuel happiness from within(栄養をたっぷり摂取して、体の中から幸せを育もう)
  6. Embrace gratitude(感謝する気持ちを日常の習慣に)

 

(“Six simple ideas for living happier in 2016” by Brandpoint, from San Jose Mercury News, page CR20, Saturday, January 23, 2016)

 

 最後の「感謝する気持ちを日常の習慣に」というのは、こういった意味でしょうか。

 

 日頃、仕事や家事に忙殺されると、ついつい感謝する気持ち(gratitude)を忘れがち。自分が健康で暮らすのは当たり前になっているし、ほんとは家族とか、友人とか、身近にいる人たちに一番感謝しなければならないのに、「感謝しよう」と思い立つのは、その人が遠くへ行って(逝って)しまったとき。

 

 だから、日頃の健康に感謝したり、身近な人に感謝の気持ちを伝えたり、というのを日課として日々の生活に取り込んだらいかがですか? という提案です。

 

 あれもない、これもないの「ないない尽くし」ではなくて、「あ~、今のわたしで良かったぁ」みたいな感じでしょうか。
 


そして、3番目に出てきているのが、今日のお題 whitespace

 

 Carve out whitespace(自分のための時間を捻出しよう)ということですが、

 

 Whitespace でリラックスできたあとは、「よし、体にいいものを食べて、また頑張ろう!」と元気も出てくるし、「あなたがいてくれて、ほんとに良かったわぁ」と感謝しやすいのかもしれませんね。

 

 ということは、whitespace は、元気の源なのかも。

 


English Words Search

© 2005-2021 Jun Natsuki . All Rights Reserved.