Essay エッセイ
2008年06月30日

花嫁ビ〜ム!

なんとも早いもので、6月ももう終わりなんですね。

6月といえば、ジューンブライド( a June bride )。そんな6月のうちに、ちょっとお話を書きたいなと思っておりました。

この前のゴールデンウィーク、日本に戻った折に、北海道の連れ合いの実家を訪ねました。

すると、連れ合いのお母さんが、思い出したように、こんなことを言っていました。

そういえば、我が息子は、あなたと初めて出会った時、想いがつのって食事も喉を通らず、ずいぶんと痩せたと言っていましたよと。

かなり前のことなので、当の本人もよく覚えていないようでしたが(覚えていないふり?)、そうやって、お母さんというものは、我が子のことを何でも覚えているものなのですね。

まあ、連れ合いが痩せたというのは本当のようですが、時が経つと、最初の興奮はどこかへと消え、代わりに違った感覚が育ってくるものではないでしょうか。

どっちがいいとか、悪いとか、そんなことではなく、それが自然の成り行きに沿った、感情の進化というものなのでしょう。


そんなことを考えながら、北海道から東京へ戻ると、いつも東京でお世話になっている方が、じきにご結婚なさるニュースを耳にしました。

ご本人から、「わたし、もうすぐ結婚するんですぅ!」とストレートに伺ったのですが、こちらは、そんな気配も感じていなかったので、エ〜ッと声を上げてびっくりしてしまいました。

けれども、連れ合いとは、「近頃、彼女きれいになったよねぇ」と話していたので、やっぱり、花嫁さんというものには、特別なオーラがあるに違いないと、ふたりで納得したのでした。

そう、まわりに、いつも、幸せの「花嫁ビ〜ム」を撒き散らしているような、そんな特別な光を放っているのです。

彼女は、表参道にある教会で結婚式を挙げたそうですが、この教会は、表側がおしゃれなカフェになっていて、結婚式が終わると、このカフェの辺りまで、新郎・新婦のカップルが行進して来るお膳立てになっているのです。

わたしも過去2回ほど、このカフェで新郎・新婦のお披露目に行き当たったことがあるのですが、結婚式に招かれていなくとも、花嫁さんと花婿さんを見るのは、何だか得したような嬉しい気分ですし、見ず知らずのカップルでも、にこにこと笑顔を振りまいてもらうと、元気をいただいたような気分になるものなのです。

(こちらの写真は、そういった偶然に遭遇した結婚式なのですが、白いタキシードに「よだれかけ」の新郎の甥っ子くんが、とってもかわいいですよね。なぜ甥っ子くんってわかるかって、新郎さんによく似ていますもの。)


そんな風に、花嫁さんを見かけると、近頃、目の奥がジ〜ンとするようになったのですが、「わたしなんてまったく関係ないのに、なんだか恥ずかしい」と思いながら、カフェの隣のテーブルをふっと見ると、やっぱり花嫁さんとは関係のない女性客の目に、うっすらと涙が浮かんでいたりするのですね。

そうなんです。近頃、教会の結婚式に招かれたりしても、涙をこらえるのに苦労してしまうのです。家族でも、親戚でもないのに、きれいな花嫁さんを見ると、祝福したい気持ちと同時に、ほっとしたような気になってしまうのですね。ほんとに、親でもないのに・・・

きっと、教会の中には、花嫁ビームがあちらこちらにエコーして、「ウルウル光線」が満ちているのではないか、なんて思ったりしているのですが。

そうそう、近頃きれいになった彼女の結婚式は、折悪しく、わたしたちがアメリカに帰る日だったので出席できなかったのですが、もし都合が良ければ、無理矢理にでも押しかけていたのにと、とても残念でした。

出席なさった方によると、「いつもとはまったく雰囲気が違っていて、とってもきれいだった」ということでした。いつもはハキハキとなさっているのですが、きっと「おすましさん」で、違った一面を見せていらっしゃったのでしょう。

どうぞ、いつまでもお幸せに!


© 2005-2021 Jun Natsuki . All Rights Reserved.